読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

人生はいいことばかりじゃない

「医師(せんせい)…俺の拳はどうなんですか…?」

「日常生活を送る分には問題ありませんが、これ以上物を殴り続けると…」

「そんな…じゃあ俺は壁を殴りたいときはどうすればいいんですか!」

「…」

 

夜にとろける 1 (楽園コミックス)

 

 志摩時緒の新しいコミックスが発売された。

これまでとは違ういわばオムニバス形式のコミックス。

小悪魔呼ばわりされる神崎(妹)さんより実は先生のほうが女たらしの素質があるんじゃねーかとか(制服の恋人)、両想いカップルの周りでは色々な葛藤があるもんだよなあとか(こいはやみ)、これまでの作品よりも踏み込んだ描写でも劣情を煽られるのではなくどこか切なさや儚さを感じるよねとかあと若いうちに女子高生とつきあって制服で色々(意味深)したかったなあとか(夜にとろける)、今回は壁を殴るというよりもむしろ壁に手を当てて色々考えさせられる内容である。

 

その一方で「あまあま」がボイスドラマになって壁殴りと床ローリングがますます捗るようになったりとこの人の作品は読んだり聞いたりするのが楽しい。

A-Koe公式サイト) 

  

もうさすがに女子高生に手を出すのは犯罪な年齢なので、秋の夜長はこの人の作品を読んで帰らざる時にしばし思いをはせることにしようか。