人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

現実逃避の旅(2・完)



翌日は中京競馬場へ。

といっても馬券を買いにきたわけではなく
目当ては「パノラマステーション」で保存されているパノラマカー
逆さ富士型の行先表示がそのまま残ってるところがいい。

運転台に入ることができるのだが、

入り口が低くて這うようにしないと入ることができない。

運転席からの視界。
身長177センチの私だと腰掛けても頭をこするぐらい天井が低い。
運転士はさぞ大変だっただろう。
 

昼からは名古屋コミティアへ。
名古屋国際会議場に会場を移してからは初めて来たが、特に書くことはない。
余談だがここは全国吹奏楽コンクール(中学・高校の部)の開催地であり、
アニメ「響け!ユーフォニアム」のオープニングの最後に出てくる建物はここである。
 

完成間近の新・大名古屋ビルヂング
かつて夢見た「超(スーパー)名古屋ビルヂング」へ改名してほしいという願いは叶わなかったが、
青空を反射した姿は奇麗だと思う。
 
本当は夕方まで滞在してリニューアル車がデビューしたばかりの
四日市あすなろう鉄道あたりに行きたいと思っていたのだが、
持病の腰痛の具合が思わしくなく、やむなく予定を切り上げて
帰京する羽目になった。
やはりパノラマカーの試練が堪えたか。
パノラマカーを甘く見てはいけない。