読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

三種の神器

八咫鏡 (やたのかがみ)」「草薙剣 (くさなぎのつるぎ)」「八坂瓊曲玉 (やさかにのまがたま) 」
皇位継承の証であり、転じて大切なものや重要なもの、
ある事象を象徴するものして使われる言葉である「三種の神器」。
 

先生と星が教えてくれたこと (1) (まんがタイムコミックス)

先生と星が教えてくれたこと (1) (まんがタイムコミックス)

そしてこの漫画は
「メガネ」「巨乳」「三つ編み」
という「女教師三種の神器」をもたらした。
なんて書くと
「またお前は胸の話か」
と言われそうだが、
この話は顧問の天川先生だけでなく天文同好会の生徒たちもまた彼女との出会いによって
自分の進む道を見つけて変わっていく真面目な物語である。
この漫画の旧題は「教壇のポラリス」で、このタイトルが好きだったのだが、
生徒たちにとって彼女がポラリス北極星)のような道標であって
彼女もまた見失いかけた自分の「ポラリス」を見つけていくところを見ると
「なんでタイトル変えたの?」
と思う(誰の意向かは知らないが)。
連載のほうは佳境にさしかかっているが、芳文社の得意技
「一巻だけ出して終わり」が炸裂しないよう願いたい。
 
でもこんな先生が実際にいたら人生誤りそうだよね(ぼそり)。