人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

たとえ細く長くでも

私がコミティアで長年愛読している作家、ウチヤマユージの初連載の単行本である「月光」が発売された。

月光 (イブニング)

月光 (イブニング)

少女監禁と殺人事件が出てくるサスペンスストーリーだが、
読み進むにつれてバラバラのピースがピッタリと一枚の絵にまとまっていくような感じと
よどんでいた空気を爽やかな風が吹き飛ばしていくようなラストが良かった。
漫画以外にも本業があり、あとがきにもあるように持病がある人だが、
たとえ寡作であっても同人誌よりも多くの人の目に留まる商業誌という場所で末永く活動してほしいと思う。
 
それにしても、この作品に限らず同時収録の「LOVER SOUL」や初単行本の「夏の十字架」、
その他の同人誌でもこの人の作品では
「男が年上の歳の離れた男女の組み合わせ」
の話が多い(でもワンパターンではない)ような気がする。
夏の十字架

夏の十字架