人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

名は千載の後までも

以前から話のあった山手線の品川〜田町間の新駅がつくられることが正式に決まったようだ。


あの辺りはかつて東京機関区を始めとした車両基地群があり、
昼間は数々のブルートレインが機関車、客車共々塒にしていたが、
今では見る影もなくなってしまった(1985年撮影)。

こっちはJRになってから撮影したもの(撮影年不明)。
この後は食堂車の取りやめ、運転区間の縮小、そして廃止と
次第に衰退していくことになる。
 
新駅は都営地下鉄泉岳寺駅の近くになる。
泉岳寺といえば「忠臣蔵」で知られる赤穂浪士(義士)の墓所で知られるところ。
彼らのことは今回のタイトルに引用した「鉄道唱歌」の歌詞にあるように
後々まで伝えられていくのだろうが、
ここがかつてブルートレインを始めとした数々の名列車の塒だったことは
いつまで語られ続けるのだろうか。


おまけの一枚。品川駅に隣接していた新幹線の車両基地(1985年撮影)。
ここも新幹線の駅の設置や再開発で今はもうこの頃の面影はない。