人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

続・人は学びながら成長する(はず)

記録的な大雪となったこの週末。
どこかへ雪景色を撮りに行こうと思って御殿場へ行った。

新宿行きロマンスカー「あさぎり2号」。
天気や雲行きのことは初めから覚悟していたので特に構わないのだが、
問題はここへ来るまでだった。
実はこの辺りの線路の両脇は道路なのだが、膝まで埋まるぐらいの積雪だったのである。
足跡を残さないために反対側を歩いてきたが、ほんの4、500メートル歩くのにえらく消耗した上に
途中で転倒して起き上がるのにも難儀した。
周りに人家はあるし、まさかここで遭難することはなかっただろうが、
もし人っ子一人いない野山だったらどうなっていたことか。
先日北海道や青森に行ったときと同じ装備で行ったのだが、
もう、自分の体力や装備を過信せずに無理をしないほうがよさそうである。