人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

オー・マンネリゼ

時代劇の定番「遠山の金さん」では終わりに金さんは桜吹雪を見せてお裁きを下し、
水戸黄門」では格さんが印籠を出して悪者をひれ伏させる。
アニメではコナンが小五郎を眠らせて事件を解決に導き、トムとジェリーは終わらない追いかけっこを繰り返す。
「偉大なるマンネリ」という言葉があるが、作品のジャンルや国を問わず、人は「またこのパターンかよ…」と思いつつも
その一方で「お約束」を求める気持ちがあるのかもしれない。

まんがくらぶオリジナル」とウェブでの連載を抜粋してまとめられた単行本。
1ページ連載ということもあってか連載7年目にしてようやく単行本として上梓された本作であるが、
この作品の特徴は
「とにかく全部同じオチ」ということだろう(どんなオチかはタイトルから推して知るべし)。
しかし、考えてみるとオチが同じということは、「結」までに続く「起承転」の部分は常に変えなければならないわけで、
そういった意味では読者(視聴者)を飽きさせずにマンネリを続けることは実は大変なことなのだと思う。
あとがきによると単行本に収録されなかったネタもまだまだあるようなので、
この本が売れて「さかな&ねこ2」が出ることを願いたい。