人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

春はどこいった

冬なら寒くても仕方がない。
梅雨どきなら雨模様でも仕方がない。
台風が来たら強風でも仕方がない。
しかし、そうでない時期にこういう天気に遭遇すると気が滅入る。
ましてやそれが旅先なら。
 
この連休は秋田と青森に行っていたのだが、
季節はずれの寒さに加え雨と風にさいなまれ
3日間全く青空を拝むことができなかった。
ということで、ただでさえ下手なのに写真もあまり満足のいくものが撮れなかった。
 

西目〜羽後本荘間を行く特急「いなほ」
由利高原鉄道薬師堂駅の駅前に咲いていた桜と。
 


津軽鉄道芦野公園駅のストーブ列車。
本当ならこの時期は桜のトンネルが見られたのだが。


この日は寒かったのでストーブが点けられていた。
 

大鰐温泉〜石川間を行く583系使用の臨時快速「弘前さくらまつり」。
本当ならこの時期は背後の斜面(大仏公園)に桜が咲いているのだが。
 
芦野公園でストーブ列車を待っているときに観光客と思しき老婦人に道を尋ねられ、その際
「ごめんなさいね、お仕事中に」
と言われたり、弘前公園で写真撮影を頼まれた際も
「なんか写真がお上手そうだから」
と言われたりして、
「ごめん、オレただの下手の横好きで
 一眼レフ使ってるアマチュアなんだ…」

とも言い出せず、ただ愛想笑いを浮かべていた自分が憎い。
相変わらずシャッターを押すタイミングが一瞬早い癖も治らないし。
 
でも、弘前のほうはちゃんと撮影した画像を確認してもらい喜んでもらえたから
それはそれでよかったのだと思う。