読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

あと半分ぐらい

今日は誕生日だった。
 
まあはっきり言って今更そんなことを喜ぶような歳でもないし、
祝ってもらうような価値もないと思うのでそれ自体はどうでもいいことだが、
「自分は40歳で死ぬんじゃないか」という根拠のない不安にさいなまれていたので、
無事に41歳の誕生日を迎えられたことについては正直ホッとしている。
 
「四十にして惑わず」という論語の一文から40歳のことを「不惑」というが、
「惑わず」というのは結局のところ「あきらめる」ということなのだとわかった。
出来ないことを切り捨てる代わりに出来ることをキチンとこなせるようにする。
これが私の出した「不惑」の答えである。
 
偉そうなことを言ってしまったが、平均寿命どおりなら残り半分弱となったこの人生、
とりあえず使えるだけ使ってみようと思う。