人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

春なのに

春は別れの季節。
この春はいつにも増して列車の消滅(臨時化)や車両の退役、そして廃線が多く、
涙がこぼれ、ため息がまた一つ出てしまうような今日この頃であるが、
きたぐに」や「日本海」、新幹線300系100系、そして小田急の三系式のことは
鉄道関連以外の一般メディアでも多く取り上げられているので、
そういうところではあまり取り上げられていないネタをいくつか。
 


かつて「ムーンライトながら」の返却を兼ねていた373系の普通列車静岡行き。
ダイヤ改正373系は熱海までは乗り入れないので、
左に少し写っているE231系との顔合わせもなくなる。

こっちは小田原駅で。「普通 静岡」と「2ドア」の表示はもう見られない。

国府津駅で撮った御殿場線の211系(右)と快速「アクティー」の211系(左奥)。
「アクティー」の方はまもなくE231系に置き換えられる。
 

小田急新宿駅の発車案内機に使われていたアイコン(?)。こんなところにも20000形(RSE)。
こういうのも60000形(MSE)に置き換えられたりするのだろうか。

春なのに

春なのに