読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

10月14日は鉄道の日

ということで、日比谷公園で開催される毎年恒例のイベント「鉄道フェスティバル」
・・・に行った折、鉄道総合技術研究所鉄道総研)のブースで知った「平兵衛まつり」に行ってきた。

「平兵衛(へいべえ)」の由来は、鉄道総研の所在地「国分寺市光町」の旧名「平兵衛新田」から。

鉄道総研の向かいにある「ひかりプラザ」に保存されている951形電車。
電柱や街灯、生け垣のせいで全体を写せず。
 

実験棟は撮影禁止なので写真はないが、
「リチウムイオン二次電池」を使用した次世代路面電車「Hi-tram(ハイ!トラム)」の
試乗会の写真は撮ることができた。

「Hi-tram」の車内。
写真の中央で縦に積まれているのが電池で、
帽子をかぶっている人は鉄道総研の案内役。

走行中のエネルギー表示画面。
「パンタ点電圧」がゼロ、つまりパンタグラフから来ている電気がなくても走っており、
右側のスピードメーターは時速15キロぐらいを指している。
Hi-tram.gif 直
「Hi-tram」発車をgifアニメで。パンタグラフが上がっていないところに注目。
ちなみに「道行く自動車の邪魔にならないように」とのことで、
加速度は4.0km/h/sと阪神の「ジェットカー」に迫るほど速く、
この再生スピードは決して大げさではない。
ちなみに新幹線ではN700系の2.6km/h/sが最速である。
 

ちなみに「鉄道フェスティバル」のほうの個人的な見ものは
JR東海のブースで展示されていた新幹線0系の行先方向幕である。
3万円するが、家庭用電源で動く回転装置付きとあらばお買い得だと思う。