人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

病膏肓に入る(8・完)

翌朝、8時前の列車で枕崎を後にする。

JR最南端の駅、西大山駅
いつかは降りてみたいのだが。


有人駅の最南端、山川駅
11年前(下の写真)に比べると駅の周りが寂しくなったような感じ。

8年前に撮った西鹿児島駅(当時)。「アミュプラザ鹿児島」はまだ基礎部分しかない。
以前にも載せたけどもう一回載せてみる。

キャンセビルから撮った鹿児島中央駅
駅の背後にマンションが増えている。

少し引いたアングル。
屋上の観覧車「アミュラン」が目立つ。

駅正面。

1987年3月に撮った駅正面。
この頃はここに新幹線が通るなど想像も付かなかった。

最後は「天文館むじゃき」で白熊を食べて帰途についた
(これはベビーサイズ。左にあるのは私のiPhone)。

今回は今一つ天候には恵まれなかったものの、存分に楽しめた旅であったが、
問題はこの旅行記をまとめている途中でまた「九州に行きたい病」がぶりかえしたことだろうか。
「もう九州に住んじゃえよ、オレ」