人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

病膏肓に入る(7)


一昨日の二枚目の写真に写っているピンクのシャツを着ていた
オバチャンご婦人が配布していたJR利用者限定の優待券。


この券があればこの優待席(パイプ椅子)に無料で座ることができる。
指宿枕崎線の利用促進を図ってのサービスと思われ、
毎年やっているのか、それとも今年限りなのかは知らないが、
もしこのブログを読んで来年以降行ってみようと思う人がいたら
バスや自動車ではなくJRで行くといいことがあるかもしれない。
 






おかげで場所取りに苦労することなく撮影することができた(要三脚)。
 

指宿行の臨時列車。
実は優待券のことを知らずに来たので非常にラッキーであった。
やはり日ごろの行いが良い悪くはないとたまにはいいことがあるようだ。