読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

名古屋日帰り物語(6・完)

「リニア・鉄道館」のあとは普通に名古屋見物。

名駅の看板娘「ナナちゃん」。名鉄百貨店ヤング館(旧・セブン館)がヤマダ電機に変わっても存続するようで何より。
 

建替え予定の「大名古屋ビルヂング」。高層ビルになった暁には是非
「超(スーパー)名古屋ビルヂング」と改名してほしい(割と本気)。
 

名古屋テレビ塔」。地上デジタル放送への完全移行によりテレビ塔としての役割を終えるが、
案内嬢に尋ねてみたところ、「新名称を公募することは検討しているが、当面は今の名前を続ける」とのこと。

夜のテレビ塔。「恋人の聖地」に認定などという余計なことをしやがったされたためか、
中はえらい小洒落ていた。

昔買った記念メダル。こういう昭和の香りあふれる土産物が無くなってしまったのが悲しい。
 

今はもう稼動していない三越屋上の観覧車。登録有形文化財だそうだ。スゲエ。

同じく三越屋上の遊戯物。デザインは300系なのになぜか初期の100系に入っていた
NS(New Shinkansen)マーク入り。
 
夜8時過ぎののぞみで帰途につき、家に着いたのは11時頃だった。
もう若くはないのだからもう少し余裕のある旅をしたいものだが、
貧乏性なものでついあれこれ予定を詰め込んでしまうのは何とかしたいものである。