人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

名古屋日帰り物語(5)



午後は「リニア・鉄道館」に向かう。


結論から言えば、行って損はない。
それどころか大人1,000円(再入館可)の入場料でここまで見られるのはお得だし、屋内施設ゆえ暑さや寒さを気にせずにすむので
名古屋近郊の親御さんからすれば遊園地に連れて行くよりお子さんには安上がりに楽しんでもらえるスポットだと思う。


しかし、こうしてスペースの都合上フロアの隅に妻面だけを見せて並べられている車両を見ると
せめて横から見られるようにできなかったものかと思うし(上はクロ381、下はサロ165)、
以前にも指摘したようにデリカステーションしか供食施設がないのも物足りない。

36形(0系)食堂車。

168形(100系)食堂車。黒岩保美制作のエッチングも現存する。
予約制でもいいからこれらの車両を利用したレストランでも営業すれば人気が出ると思うのだが。
 
ネガティブなことを書いてしまったが、実際親子連れの入場者も多かったし、
鉄道に興味のある人なら行って損はない。

手前に犬のぬいぐるみを置けばテリーマンごっこができるよ!(笑)