読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

名古屋日帰り物語(3)

名鉄資料館は実物車両の展示はないものの、それ以外の展示は充実している。
 

自由に触れるパノラマカーヘッドマーク(手動式)。
かつて存在した名鉄独自の列車種別「高速」で一枚。

30年前に走った、高木守道中日ドラゴンズ)引退記念の臨時列車「サヨナラもりみち号」のヘッドマーク
ドラゴンズに限らず引退記念列車を走らせてもらえた人は他に聞かない。

こっちは電動式。猿投行きのパノラマカーなんてあったのだろうか。
 

かつて実際に使われていた7000系運転台の機器でプレイできるPS1ソフト「電車でGO! 名古屋鉄道編」。
さすがに子供に混ざってプレイする勇気はなかった。
 



幻の「パノラマドームカー」の模型。
二階席からの眺めはあまり良くなさそうだが、このガラス張りの展望席が実現していたら
さぞ人気が出ただろう。