読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

一日遅れ

昨日は「パノラマカー」こと名鉄7000系の誕生50周年の日だった。
関東の人間にとって縁遠い車両だったとはいえ、
日本の鉄道史にその名を残す名車なだけに憧れはあった。
 

2006年4月、名鉄岐阜駅で撮影。

2008年8月、犬山駅で撮影。
やっぱりこの逆さ富士型(手動)の行先表示板が似合う。
 
実はもっと昔の写真もあったはずなのだが探しても見つからなかった
(実は一日遅れたのもこれが理由)。
まあ見つかったらおいおい載せてみようと思う。
 
それにしてもデビューが2、3年早かった近鉄10000系、10100系(ビスタカーI世とII世)が
70年代に早々と退役し、逆に2年遅かった小田急3100形(ロマンスカーNSE)も21世紀を目前に
退役したというのに一昨年まで48年間も使い続けたとは名鉄の物持ちのよさのなんとすごいことか。