読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

(5+11)÷2


5歳、11歳ときたらその間をとって(?)8歳の頃の話でもしようかと思う。
この写真は1979年に小田原駅で撮った寝台急行「銀河」である。
家にあったオリンパスペンEEで撮ったもので、記憶に残っている範囲では私が撮ったいちばん古い写真である。
それにしても下手クソな写真である。
ストロボなしで撮っているために思い切りボケてしまい、EF58ということはわかるが何号機かまではわからない。
まあ走っている列車にストロボ焚いたらいけないのだが。
とはいえ、今となっては懐かしい写真である。



これは2005年に撮った「銀河」である(上は東京駅、下は新大阪駅)。

26年の歳月は私の全てを変えてしまい、この三年後「銀河」は廃止された(写真はその時発売された記念弁当の包装紙)。
それでも思い出は残るが、いつか私が死ねばそれも消えてなくなる。
そうなれば私のことを覚えている人は誰もいなくなる。
時の流れはあまりにも残酷である。