読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

○○王子


「ハンカチ」やら「ハニカミ」やら「○○王子」というフレーズがついた人物は色々いるが、
私にとっての「王子」は「四コマ王子」こと小坂俊史のことである。
ということで、昨日は珍しく寄り道をして阿佐ヶ谷(Asagaya/Loft A)まで行ってきた。
 
この日の内容を覚えている範囲で言うと、
「初投稿から35日でデビュー」
「『趣味はネガティブ』で、この日発揮したネガティブは30パーセント程度」
「遠野に引越してからも月に一度くらい(かつて住んでいた)中野に来る」
「『削っていく』のではなく『積み上げる』やり方でネタを作る」
「四コマ以外の漫画で10巻以上のものは読めない」
「最後に見たテレビドラマは『スクール・ウォーズ』」
「『せんせいになれません』のキャラを使いラップネタで即興四コマ」
「司会の『天津向』が『まんがタウン』の読者応募コーナー『しんちゃん塾』に応募するネタを披露」
「もう一人のゲスト『ネゴシックス』が実際に投稿した四コマと天津向が原作を務めた四コマを実際の編集者がガチで評論」
といったところである。
 
あまり芸人のことには詳しくないので、司会の天津向といえば「『エロ詩吟』で有名な木村の相方」程度の認識しかなかったのだが、
この手のイベントには慣れていないとみえてテンパリ気味の小坂氏をうまくリードしてトークを盛り上げていたし、
四コマについて熱く語る姿を見ていたら
「ああ、この人は本当に四コマが好きなんだなあ」
というのがよくわかり好感が持てた。
 
次回の開催(ゲスト未定)は3月7日と確定申告の追い込みの時期なので行くのは難しいが、
また機会があれば是非行きたいと思う。
 
漫画って楽しいよな!
 

中央モノローグ線 (バンブー・コミックス)

中央モノローグ線 (バンブー・コミックス)

吉本若手芸人 ツッコミプラグボタン(天津/向清太郎)

吉本若手芸人 ツッコミプラグボタン(天津/向清太郎)