人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

今日のお弁当(2)

今日は「源」の「ぶりかまめし(富山駅)」

 
源といえば「ますのすし」で有名であるが、こっちはブリである(ちなみに源には「ぶりのすし」もある)。

この写真ではわからないが、結構分厚いのにで箸で切れるほど軟らかく、
脂が乗っているのに下の酢飯がうまく中和してくれるのでしつこくなく、小骨も気にせずに食べられる。
ごちそうさまでした。
 

おまけの写真。高岡駅で撮った氷見線「忍者ハットリくん列車」(2006年5月撮影、以下同じ)。

氷見というだけあって見事なブリの絵が描かれている。

藤子不二雄(A)のサイン。ここでもブリ。

車内から撮った富山湾立山連峰がうっすらと写っているのが見えるだろうか。