人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

姉のいる人は「姉萌え」にはならないと思う

今までにも何度か触れたが、私には姉がいる。

紫乃先生〆切前!(1) (まんがタイムコミックス)

紫乃先生〆切前!(1) (まんがタイムコミックス)

私と血を分けただけあって、紫乃先生とは違い美人というわけではないが、
私が和泉ぐらいの年頃における理不尽さに関しては勝るとも劣らなかった。
お互い大人になり、あまり会うこともなくなった今では理不尽さを味わうことはなくなったが、
おかげでこの本の発売前の誌面広告のフレーズ
「お姉ちゃんの言う事聞けないの・・・?」
を読んで軽くトラウマが甦り翌日腹を下した(本当)。
 
それにしても清野さんは紫乃先生のことどう思っているのだろうか。
お互い相手のことを意識しているようだし、単なる「作家と編集者」の関係を越えて
踏み込むことが出来るのかわからないけど、形はどうあれ幸せになって欲しいものである。
和泉、君は君で何とか幸せになれ(笑)。
 
ところで、表3折り返しの作者コメントは本当なのだろうか。
本当にフィクションなのだろうか。