人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

質より量!

おとといのネタ以来、「オリラジ」「オリエンタルラジオ」で検索してくる人の多いこと。
相変わらずのオリラジ人気をすごいと思うと共に大したこと書いていなくて申し訳ない気持ちでいっぱい。
 
今日発売の「まんがライフMOMO」で小坂俊史の新連載「わびれものゴージャス」が始まった。
で、第一回目の題材が先日私も行った七戸十和田駅
わずか4ページで七戸十和田のわびれ具合を見事に表現している面白さが悔しいので、
先日までの話の流れ上入れられなかった、そして「わびジャス」(勝手に作った略語)では取り上げられなかった
七戸町の「ブツ」を取り上げてみる。

駅に展示してある八甲田トンネルの貫通石。

「道の駅しちのへ」にある1957年(昭和32年)のダービー馬、ヒカルメイジ銅像
生まれはかつて南部縦貫鉄道の駅名にもあった盛田牧場。

同じく、1962年(昭和37年)のダービー馬、フエアーウインの銅像
生まれは濱中牧場。
あと、銅像はないがテンポイントトウショウボーイと共に「TTG」と並び称された
グリーングラスも七戸出身(諏訪牧場産)。

ということで、マンホールも馬だらけ。

町内の電器屋のシャッターに描かれていた「光速エスパー」。

駅へ戻る途中で見た飛行機雲。
 
・・・
うーむ、やっぱり勝てない。
あ、オレのほうが来たのが一日早いぞ!
このぐらいしか勝てる、というか勝ったつもりになれる要素がないという哀しさ。