人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

MY FIRST “SHIN-”AOMORI(4−2)

新青森では約30分の見学時間があった。
ただ、駅舎の外には出られなかったので、外観の写真はない。

ホーム。

E4系の乗り入れも想定しているらしいホームドアの表示。

中にカフェ(Cafe de TSUGARU?)が設けられるらしいオシャレなびゅうプラザ

開店をいまや遅しと待っているかのような店舗群。

大壁画「青い森から放つ」

在来線乗換え改札。

そのそばにあった券売機。なぜか運賃表が八戸駅のものになっている。
 
かつて南部縦貫鉄道の休止前に青森を訪れた際に通ったときはまだ新幹線の建設認可も下りておらず、
ホーム一本と待合室のみの簡素な駅と、その駅前に鉄建公団が立てた「東京起点○キロ」の杭しかないのを見て
「本当にここに新幹線が通るのだろうか」
と思っていたのがウソのような変わりようである。
 

名残惜しいが、二週間後の「祭り」を楽しみにして新青森を後にする。
メインの用事は終わったが、まだ旅は終わらないのである。
(続く)