読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

MY FIRST “SHIN-”AOMORI(1)

先週末、来月開業する東北新幹線(八戸〜新青森間)の試乗会が行われた。
東奥日報の記事によると5000人の定員に対して実に38646人(うち青森県民30215人)もの応募があり、
私もそのうちの一人(8431人のほう)であった。
青森県民を中心とした関心の高さをうかがわせる数字だが、クジ運がそんなに良いほうではない私は
「はっはっは、8倍近い競争率なんて当たるわけねーよw」
とタカをくくっていたのだが、

当選してしまった。
ちなみにかつて抽選漏れした(8月24日のブログ参照)川内車両基地の見学会の競争率は3倍位だったと記憶している。
 
当選したからには抽選に漏れた33646人の悔し涙を無駄にしないためにも行かねばならないと
金もないのに自分に言い訳して私は11月20日(土)東京駅を発った。

東京駅ではバルーン製のE5系がお出迎え。

カウントダウンボードはE2系。

E5系の「S11」と「U」、E5系とE6系の合計両数の「17」。
地味ではあるが確実に変化は訪れる。




青森や北海道に行く際に何度も使った「はやて1号→スーパー白鳥1号」のコンボもこれで最後。
別に車両自体がなくなるわけではないが、何か寂しい。
 
試乗会は翌日のため、この日はいままで何度も行こうと思っては時間の都合が付かずに断念していた
「あの駅」に行くことにする。
(続く)