人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

子曰く、(中略)四十にして・・・

非モテ力では人後に落ちない自信があるが、それでも人を好きになったり人とつきあった経験はある。

すきなひと 1

すきなひと 1

恋人同士ではないが、セフレと言えるほど割り切った関係でもない二人の話。
日坂水柯の漫画は触り心地のよさそうな身体の描き方もさることながら、恋愛をする上での
戸惑いやちょっとした苦悩、そして幸せの描写が優れていると思うし、またそういうところが好きである。
この人然り、以前このブログで触れた来瀬ナオカザマアヤミ然り、
股間よりも心に効く作品が好きになっているのは人間として落ち着いたのかただ単に枯れたのか、
まあアラフォー(笑)と呼ばれる年齢になったので、そろそろ惑いのない人間になりたいものである。

写真は昨年「COMIC ZIN」のサイン会でもらった作者のサイン。
そういや、カニのさばき方を体得しているのは北陸の女のデフォらしいが、
この人も体得しているのか何となく気になった(笑)。