人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

「その後」の余部へ(1)

2010年7月16日午後9時50分。
およそ一世紀に及ぶ役目を終えた旧・余部橋梁(余部鉄橋)。

山側からの眺め

臨時快速「あまるべロマン号」

「あまるべロマン号」前方車窓
(以上、2005年8月撮影)
その切り替え工事が始まる翌17日、私は余部に行ってきた。
その旅立ちにあたって、仕事帰りに新宿駅で「周遊きっぷ北近畿ゾーン)」を
購入しようとしたが、係員が不慣れなのか発券に時間がかかった。
日本一利用者の多い新宿駅でこれなのだから、周遊きっぷはあまり売れていない
のだろうか。これからのことを考えると少し憂鬱な気分になった。
そして当日、新横浜から「のぞみ」→「はしだて」→「北近畿」→普通列車
代行バスと約6時間かけて餘部に着いた私が見たものとは・・・
というところで今日はおしまい。
ろくにアクセスもないブログなのに引っ張ってしまおう。