人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

モヤモヤする

科学予算削減の民主、はやぶさ絶賛は「現金過ぎ」
褒めなきゃ褒めないで非難するのだろうけどな。
はやぶさ」の帰還が宇宙開発史に残る快挙であることには全く異存はないけど、
正直、当事者でもない者までが感動するほどのものなのだろうか。
なんか感動しなければ人でなし(あるいは非国民)のような扱いをされかねない
雰囲気や、わざわざ擬人化してまで感動を強いようとするところが
たまらなく気持ち悪い。
すっかり喜びや感動というものに縁遠くなった人生を過ごしている
私もどうかとは思うが。