人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

ああ、どっか行きてえ

先々月は名古屋、先月は山形、そして今月始めには北海道に行ってきたにもかかわらず、
金もないのについそういう言葉が出てきてしまうのがこの本である。

わびれもの (バンブー・コミックス MOMO SELECTION)

わびれもの (バンブー・コミックス MOMO SELECTION)

「わび+さびれ」で「わびれ」なのにいい感じに予想を裏切ってくれた表紙だが、
過剰に持ち上げるわけでなく、かといってイロモノ扱いするでもない冷静な視点と
一方でどこへ行っても常に楽しもうとする前向きな姿勢が好感が持てる。
私は47都道府県全てに足跡を記しているが、この本で取り上げられている
足尾銅山」や「飯田線秘境駅」のように興味があってもまだ行ったことがない
ところは多いので、いずれは行ってみたいものである。
下の写真は、中で取り上げられていた猪谷駅つながりで
今はなき神岡鉄道の飛騨神岡駅(2006年5月撮影)

無人駅で、駅舎の中がたしか床屋になっていたと記憶している。

ホームは橋の上にあり、その橋脚に描かれた絵がえもいわれぬ「わびれ」感を
出してたんじゃないかと思う。一部ヤバそうなのでモザイクかけたが(笑)。