人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

北海道に行ってきた1

5月1日
午前4時起床。
2泊以上の遠出をする際には必ず洗濯を済ませておくので早めに
起きることにしている。
5時半に自宅を出て、6時20分東京駅着。
まだそんな時間なのにすでに西や東へ向かう人たちでごった返すのを見ていると
旅立ちを実感できテンションが上がる。
東京駅ではいつも「チキン弁当」を買うが、今回は「チキン『ライス』弁当」にする。
チキン弁当より値段が高いだけあって色々入っているのが嬉しい。
いつもなら食べ終わった後、大宮から八戸まで寝っぱなしというのがパターンなのだが、
今回は仙台あたりで目覚める。
仙台を過ぎて車窓に田んぼと青空が広がる光景と、東海道新幹線弁天島あたりの浜名湖遠州灘が広がる光景は
新幹線の車窓の中で共に一番だと思う。
10時すぎ、おそらくは最後になるであろう八戸での乗換えで函館へ。
もう何度目になるか忘れた青函トンネルを抜けて、午後1時すぎ函館着。
先月オープンしたばかりの「北海道鉄道博物館」目当てに途中下車するが、
感想は「まあ・・・こんなもんかな」
3時すぎの特急「北斗」で札幌へ。
札幌へ陸路で行くのは五度目だが、「北斗」で函館から札幌まで乗り通したのは初めてだったことに気づく。
7時ごろ札幌に到着する。
東京駅から約12時間、自宅からだと13時間半。我ながら物好きだと思う。
文章ばかりなのは、少しは撮ったと思っていたデジカメの写真が全くないからである。
2日からは写真を乗せていくつもりなので勘弁していただきたい。