読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は消化試合

今はただ残された人生を淡々と消化していくのみ

津軽海峡年またぎ(7)

最終日(1月4日)は弘前の大仏公園へ。 おそらく最後の「あけぼの」。公園からの俯瞰で。 昨年583系を撮った地点より若干大館寄りになる。 公園は閉鎖されていないものの、全く除雪されていないため長靴必須。 写真奥の公衆トイレは閉鎖されているようだ。 …

津軽海峡年またぎ(6)

次の日(1月3日)は青森駅からバスで約20分、鶴ケ坂の山本橋で「あけぼの」を狙おうとしたが、 昨年の台風で橋が崩落していた。 それでもなんとか収めることができた「あけぼの」。 乗客たちはもう降りる支度をしているのだろうか。 「あけぼの」の前に通過…

津軽海峡年またぎ(5)

青森に戻ってからは「あけぼの」を撮りまくることに。 まずは青森駅で。 この日(1月2日)は車内準備の遅れがあったらしく1時間以上遅れての発車。 ようやく入線。 701系のせいで編成写真は撮れず。 ただでさえ低い私の701系に対する好感度がますます下がる…

津軽海峡年またぎ(4)

帰りの列車まで時間があるので江差の町を見て回る。 潮風吹きすさび荒波砕ける冬の日本海。 遠くかすかに上ノ国町の風力発電所の風車が見える。 奥尻島へのフェリーは荒天のため休航。 ターミナルはなぜか開いていた。 目抜き通りにはそれなりに店舗はあるが…

津軽海峡年またぎ(3)

江差へ行ったのは1月1日。初日の出など望むべくもない曇り空の中。 湯ノ岱駅。一日二回きりの列車交換。 もっとも、列車は一日六往復しかないのだが。 江差駅着。 私のご同類たちでひと時の賑わいを見せる。 私が乗ってきた列車の折り返し。駅から1キロあま…

津軽海峡年またぎ(2)

函館には31日から2日まで滞在したが正月ムードにはお構いなし、 既に行ったことがある函館山や五稜郭といったメジャーな観光地に目もくれず ひたすら市電を撮っていた。 函館市地域交流まちづくりセンターと「らっくる号」。 まもなく取り壊される和光ビルを…

津軽海峡年またぎ(1)

昨年末の冬コミで、これまで2日目と3日目に分かれていた「創作(少女)」と「創作(少年)」が 2日目にまとめられた。 つまり3日目(31日)が空いた上に曜日の並びから最大一週間の日程が確保できたことになる。 これなら多少の遠出も 「いけるやん!」 とい…

人は学びながら成長する(はず)

世界遺産登録されたためか、最近鉄道関連の書籍や雑誌でも富士山に関するものが出回るようになった。 それに感化されたわけでもないが、ふと思い立って富士山と江ノ電を撮りに行ってきた。 今日は晴天に恵まれているはずだったが、 学習ポイントその1「天気…

オー・マンネリゼ

時代劇の定番「遠山の金さん」では終わりに金さんは桜吹雪を見せてお裁きを下し、 「水戸黄門」では格さんが印籠を出して悪者をひれ伏させる。 アニメではコナンが小五郎を眠らせて事件を解決に導き、トムとジェリーは終わらない追いかけっこを繰り返す。 「…

赤・紅・あか(3・完)

西国三十三所第三十三番札所、谷汲山華厳寺。 紅葉の盛りには少し早かったが綺麗な眺め。 木の種類が違うのか参道の方が紅葉が進んでいた。 こちらは2006年4月に撮影したもの。秋は紅葉、春は桜が美しい。 飲食店では肉類を扱ったメニューはほとんどなかった…

赤・紅・あか(2)

揖斐駅からバスに乗り谷汲へ。 旧・谷汲駅に保存されている「赤い電車」名鉄モ750形と「丸窓電車」モ510形。 地元のイベントで行われた綱引き大会。 2006年4月に撮影した2枚。車両の位置が今と違う。 谷汲線は廃止前にも乗ったのだが写真が見当たらない。 果…

赤・紅・あか(1)

今年も祖母の法事で愛知の親戚の寺へ。 まあ法事自体は特に書くこともないので割愛して翌日のことを。 翌日は岐阜県の谷汲山華厳寺へ。 大垣から養老鉄道で。近鉄伝統のマルーンレッド。 終点の一つ手前、美濃本郷で降りる。 子会社化の後も線路などの施設は…

黄昏の青(ブルー)

ついにこの時が来てしまったというべきか。 まだJRからの正式発表はないようだが、先日来春での廃止が表明された「あけぼの」に続いて 「北斗星」「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」廃止の報道が出た。 もし正式に決まれば「あさかぜ」誕生以来50年…

ヤシマ悪天

今日は矢島線(現・由利高原鉄道鳥海山ろく線)の羽後矢島駅(現・矢島駅)が開業して75周年の日らしい。 由利高原鉄道は5月の連休に行ってきたが、この日は生憎の悪天候と寒さに見舞われてあまりゆっくり撮ることができなかった。 駅舎の反対側から。桜と鯉…

裏も返せば表になる

小田急ロマンスカー20000形(RSE)が富士急行に譲渡されることになったようだ。 渋沢〜秦野間を走る20000形(以下全て2012年2月撮影)。 コンデジではズームを使ってもこれが限界。折角の好アングルなのにもったいないことをした。 向ヶ丘遊園駅で。 「THE LAS…

犬と犬顔

11月1日は「ワンワンワン」にちなんで「犬の日」だそうである。 しかし、今年に限っては今日も犬の日である(断言)。 今日発売の2冊の単行本。 デビュー20年超のベテランみずしな孝之の犬マンガ「いとしのムーコ」4巻と ルーキー鵜飼りんの犬顔マンガ「しば…

雨に打たれば(番外)

話の流れ上入れられなかったが、富山へ行った目的の一つだったし、 やっぱり入れておいたほうがいいかなあ、というネタを。 9月末まで限定運行中の「鉄道むすめ巡りラッピング電車」である。 赤のTLR0601はイラスト担当のMATSUDA98の直筆サインが書かれてい…

雨に打たれば(5・完)

25日は新潟県内へ。 米山〜笠島間で撮った特急「北越1号」。 同じく貨物列車「3093列車」のはず。 青海川〜鯨波間で撮った快速「くびき野3号」。 同じく特急「北越3号」。 同じく臨時貨物列車「8097列車」のはず。 さすがに普通列車や「はくたか」「北越」と…

雨に打たれば(4)

駅構内に展示されている昔の切符。 「便乗ノ安全ニ付テハ一切保證致シマセン」のフレーズが。 ホームは出入り自由で、駅員が観光客相手にカメラマンのサービスをしていた。 運休でほとんどの車両が残っているので壮観な眺め。 北陸新幹線の開業まであと二年…

雨に打たれば(3)

黒部峡谷鉄道の宇奈月駅。 団体客の受け入れがあるためか地鉄の宇奈月温泉駅よりも大きい。 こちらも豪雨のせいでトロッコ列車は全て運休。 地鉄富山駅で「トロッコ列車は運休ですよ」とわざわざ念押しされたが それを承知の上でここまで来たのは、夏休み期…

雨に打たれば(2)

その日の夜のニュースより。観測史上最大の豪雨だったらしい。 それでも撮った写真はあるものの、改めてみると不本意なものしかない。 翌24日もダイヤの乱れは治まらず、 予定していた高山本線と城端線の貨物列車(日曜運休)の撮影はあきらめ宇奈月へ向かう…

雨に打たれば(1)

先週、世間よりやや遅めの夏休みをとった。 めったに取れない平日の休みなので、今回の目的は「平日にしか撮れないものを(できるだけ)撮ろう」 ということで、姨捨公園から撮った坂城発「タンカートレイン」の返空列車(土休日運休)。 どうも手前の木にピ…

この会話もフィクションです

(^ν^)「おいババア!また『壁殴り代行』呼ぶから金よこせ!」 J('A`;)し「ま…またかい?ホントに生活が苦しいんだよ…」 (^ν^#)「うるせえ!だったらテメェがパート増やせばいいだろうが!(ドカッ)」 J('A`;)し「ううっ…もうこれっきりにしておくれ……

パイオツカイテー

(タイトルは「本州と北海道を結ぶパイプラインで長い間おつかれ様でした海底駅」の意) 青函トンネルの竜飛海底駅と吉岡海底駅(休止中)の廃止が決まったようだ。 青森県三厩村(現・外ヶ浜町)の青函トンネル記念館の体験坑道のケーブルカー。 吉岡海底駅…

青森の(社長に)辟易

先月触れた弘南鉄道大鰐線の廃止は結局撤回されたらしい。 あれから何があったか知る術はないし、撤回されたのはよかったが、 あの社長はいったい何がしたかったのだろう? 何がしたかったのだろう?

青森の霹靂

弘南鉄道の大鰐線が廃止になるかもしれない。 廃止の先輩(?)、川部駅に停車中の黒石線キハ2100形(1997年5月撮影)。 先月の旅行で撮った中央弘前駅。 日中の列車本数は1時間に1本しかないとはいえ、 弘前以南のJRの普通列車は3時間以上運転間隔が空くこ…

多摩川小町

今日は「スーパーこまち」に使われるE6系の甲種輸送を撮りに武蔵野線(貨物線)の多摩川橋梁へ。 EH200の長さを計算に入れていませんでした。 EH200の長さを計算に入れていませんでした。 EH200の長さを計算に入れていませんでした。 まあE6系自体は真ん中に…

私の父は室蘭出身

…という、どうでもいい個人情報を明かしつつ、 あの「平成の怪物」安田顕の出身地でもある室蘭も出てくる 「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」を昨日の仕事帰りに見てきた。 写真は「新宿バルト9」内の「CAFE OASE」に展示されている 大泉洋と松田龍平が…

春はどこいった

冬なら寒くても仕方がない。 梅雨どきなら雨模様でも仕方がない。 台風が来たら強風でも仕方がない。 しかし、そうでない時期にこういう天気に遭遇すると気が滅入る。 ましてやそれが旅先なら。 この連休は秋田と青森に行っていたのだが、 季節はずれの寒さ…

April Loco(3・完)

最後に桜の写真を何点か。 船岡で白石川沿いの桜並木。 日本一のソメイヨシノの巨木。確かにデカい。 背後の山は船岡城址公園。 福島の花見山公園。 白石城。 「雅楽戦隊ホワイトストーンズ」でおなじみの(?)「大門桜」だが、 直角に生えていた枝が切られ…

April Loco(2)

翌日は長年の名撮影地「船岡の千本桜」へ。 朝8時前に行ったにもかかわらず、早くも先客に好位置を抑えられていたので 早々にあきらめて柔軟な考え方により場所を変える。 EH500牽引の下り貨物列車。 同じく上り貨物列車。 485系(国鉄色)使用の臨時快速「…

April Loco(1)

2月に関西に行って以来、色々と多忙な日々を過ごしているうちに東京では桜の見頃が過ぎてしまった。 ということで東北に行ってきた。 写真は磐越西線荻野駅付近で撮った「SLばんえつ物語」。 有名な撮影ポイントの利田踏切が既にいっぱいだったので、その手…

以下の会話はフィクションです

(^ν^)「おいババア!『壁殴り代行』呼ぶから金よこせ!」 J('-`;)し「ま、またかい?今月苦しいんだよ お前もいい年なんだからいい加減働いて…」 (^ν^;)「う、うるせえ!壁殴れないならテメェを殴るぞ!(ボコッ)」 J('A`;)し「わ、わかった、わかっ…

ちっこいとおっきい

メロンブックスの店舗特典、いいんちょ缶バッヂとかのんさん煎餅。 まずは「ちっこい」から。ちっこいんちょ (1) (まんがタイムコミックス)作者: トイシキ出版社/メーカー: 芳文社発売日: 2013/03/07メディア: コミック クリック: 4回この商品を含むブログ (…

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

今日で紀行作家の宮脇俊三が亡くなってから10年になる。 しかし、「針の穴から天を覗く」など上記のタイトル以外にも私のような小物が 氏のような大人物を語る愚かさを戒める言葉があるので特に何かを語ろうとは考えていない。 この10年だけでもJRでは東北新…

京都大原3000系(6・完)

あとはこの旅の小ネタをいくつか。 八幡市駅近くの踏切。大きなカントがついているのでシャコタンは通行禁止。 中学校の修学旅行の際、嵯峨駅(現・嵯峨嵐山駅)付近で撮った DD51+50系客車の「レッドトレイン」(1986年5月撮影)。 同じ場所で撮った183系…

京都大原3000系(5)

今回は珍しく(笑)、普通の観光もがっつりと。 枯山水の石庭で有名な龍安寺。 青空の下鳳凰も輝く。鹿苑寺金閣(金閣寺)。 ただの出オチタイトルじゃなかったんだよ!ちゃんと行ってきた三千院。 同じ京都市内とは思えない環境の違い。 昔の人はよくこんな…

京都大原3000系(4)

どうやら東北地方の大雪で大幅に遅れていたようで、 予定を変更して淀川べりで張り込む。そして、 本来見られない黄昏時(トワイライト)に淀川を渡る「トワイライトエクスプレス」。 実に4時間33分の遅れだったそうである。 上の動画。 実は7年前、私も乗客…

京都大原3000系(3)

その他京阪電車以外のネタを色々と。 札幌行き寝台特急「トワイライトエクスプレス」。 鉄道撮影長年の名所、山崎駅近くの通称「サントリーカーブ」で。 こういうところの近くで生まれ育ちたかった… EF210が牽く貨物列車。 こっちはEF200(試作機)。 223系…

京都大原3000系(2)

最後に樟葉から出町柳まで乗車。 乗るならやっぱりテレビカー。 テレビの横にあるスペースは元電話室。 テレビカーのロゴと屋根上のアンテナ。 ダブルデッカー車。時代祭の行列イラスト入り。 すぐに淀屋橋行きとして折り返していく。 私が子供の頃、テレビ…

京都大原3000系(1)

♪歩き疲れた男がひとり・・・ (デューク・エイセス「女ひとり」のメロディーで) 昨年の大井川鐵道、1月の富山地方鉄道と「テレビカー」こと旧3000系(現・8000系30番台)を訪ねてきたが、 今回は連休を利用して本家の京阪電鉄へ撮りに行ってきた。 この連…

蘇える軌(ん)道

JR可部線の電化延伸について (JR西日本公式サイトより) 2003年に廃止された可部線の廃止区間の一部が復活することになった。 元々復活の可能性を示唆していたところだし、10年以上経って復活させるぐらいなら ハナっから廃止しなけりゃいいじゃん、という…

帰ってきた丁稚

世界よ、これが丁稚だ。 あなたは覚えているだろうか。 かつて、大阪の平和を影で守っていたあの男のことを。 英国に007あらば、日本(というか大阪)にはこの男がいたことを。定吉七番の復活作者: 東郷隆出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/01/31メディア…

ロウきゅー○!

「まったく、しょう○○○○(湘南色)は最高だぜ!」 ということかは知らないが、「169系 湘南色」などの検索ワードでこのブログに来る人がチラホラと。 YouTubeのほうは霜取り列車の再生数がいちばん多い。 まあいつ走るかわからないし、クソ寒い中夜が明ける…

動画でどうだ!(5・完)

(今日の記事を読む前に) 今日の記事は雑誌からスキャンした画像を掲載していますが、 これは著作権法第32条に定められている「引用」の範囲内と考えております。 しかし、権利者から削除の要請があった場合は速やかに対応いたしますので ご連絡ください。 …

動画でどうだ!(4)

冬の早朝、架線に付いた霜を落とすために運転される霜取り列車。 ダイヤは公表されていないため、色々当たりをつけて御代田駅近くで朝の5時過ぎから張り込んでいた。 その甲斐あって撮影することが出来たのだが、 「なんだコレ」状態。 私の腕の未熟さゆえの…

動画でどうだ!(3)

夕方は再び御代田で撮影。 上の動画。 御代田駅付近の陸橋から。 下のほうは写真だと暗さで被写体がブレ始めているが、 翌日ビデオカメラの威力を思い知ることになるのである。

動画でどうだ!(2)

昼はこれ。 小諸駅ホームの立ち食いそば屋兼売店の「ひしや」。 ようやく食べる機会に恵まれた。 こうしてみると国鉄だった頃の面影が見えるような気がする。 誤乗防止のためにパノラミックウィンドウのところに行先が掲げられている。 一昨年訪れた際解体中…

動画でどうだ!(1)

先日、深夜の暗さを前に急行「きたぐに」をみすみす撮り逃した。しかし、 「デジカメが駄目ならビデオがあるじゃない」 ということで、ローンで奮発してビデオカメラを購入し、しなの鉄道の169系を撮りに行ってきた。 大屋〜田中間で。小諸以西で日中に撮れ…

北陸年またぎ(5・完)

大泉校長「千枚田 本当の数は 二千枚田」 輪島駅からバスでおよそ20分、白米千枚田である。 田んぼだけに「はくまい」と読みたくなるが「しらよね(しろよね)」と読む。 下から上を見上げる。中央上に道の駅「千枚田ポケットパーク」。 下のほうは海からの…